ブランド品の売却を考える人必見


使わなくなってしまったブランド品の売却するには、江戸時代から続く質屋や近年ではインターネットオークションやフリマアプリなどなど様々な売却方法が現れました。これだけ売却方法が多様化するとどこから始めていいかわかなくなる人も少なくないでしょう。そこでここでは、ブランド品を売る様々な方法や特徴を紹介します。

ブランド品を売る様々な方法

ブランド品を売る方法にはどのような方法があるのでしょうか?
一つずつピックアップしてみましょう。

質屋を利用する

質屋とは、品物を預けてお金を借りる店舗のことです。質屋ではブランド品やチケット、家電製品など様々な品物を取り扱っています。預けた品物を期限までに元金と利息を揃えて返えせば戻ってきますが、それができないと質流れになります。ですので手持ちがなく緊急に現金が必要になった場合に、思い入れのある品物ならば、取り戻す事ができる質屋を利用されたほうがいいでしょう。

フリマアプリを利用する

近年フリマアプリで売却するユーザーが数を伸ばしています。

出典:MarkeZine(マーケジン)
フリマアプリが浸透した理由は、パソコンを持っていないユーザーでもブランド品を簡単に売却できることが可能になったからです。
ここ数年で注目を集めているフリマアプリは、メルカリ、ラクマ(楽天)や最近参入したPayPayフリマなどが人気です。サービス内容はフリマアプリを運用する会社により異なるので、自分が使いやすいと思ったサービスを使うといいでしょう。
メルカリ
ラクマ
PayPayフリマ

ネットオークションを利用する

ネットオークションはADSLなどの高速回線が普及し始めた約20年前ごろこら利用者が増え始めました。現在ネットオークションサービスをしているのはヤフーオークションやモバオクなどです。ネットオークションはフリマアプリと違い、入札方式になっています。例えば、1円からスタートした場合、1円よりも100円で入札した人がその時点での最高落札者になります。オークションは、多くの人が参加すれば、自分が思った以上の価格で売却できますが、見る人がいなかったり、高かったりすると売れません。フリマアプリよりもコツをつかむまでに時間や労力がかかるため中級者以上のツールといえるでしょう。
ヤフオク! – 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ
モバオク – お得な新品・中古品を買うなら!

ブランド品専門買取業者を利用する

ブランド品を専門に買取をしている業者もあります。ブランド品に特化していることで独自の販売ルート持っているところが多く高額で買取してもらえる可能性が高くなります。しかしながら、査定をしてもらうのに盛り込みしたり、時間がかかったりとめんどくさいイメージがあるかもしれません。お店によっては、LINE無料査定、店頭買取、出張買取、宅配買取など自宅にいても取引ができる便利なサービスも提供しているところもあります。おすすめはエコリングなどのブランド品に特化した買取業者です。
ブランド・金・不用品の高価買取ならエコリング

最後に、質に入れるの買取してもらうのとどちらが高額かというと、質では買取査定額から約2割差し引いた金額の融資になるので買取してもらった方が高額なるでしょう。