金運アップ!話題のパワースポットを一挙紹介

金運をぐっとアップさせるためにぜひ行きたい場所

経済が不調という状態が継続し、あのバブル時代が嘘のような不況時代が長く続いた日本です。
その後、景気の低迷は終わった、上向きになるといわれていますが、いまだ、本当に景気がよくなったと感じている方は少ないのではないでしょうか。

さてそんな時こそ神頼み、と言ってはなんですが、神様、仏様、そして自然から強いパワーを頂き、自分の金運をあげていきましょう。
日本には金運アップの場所、パワースポットがたくさんあります。
その一部を紹介します。

金運をぐっとあげてくれる北海道・東北のパワースポット

金運のパワースポットとして三年お参りすると一生お金に困らないといわれている場所があります。
それは、宮城にある黄金山神社、日本史上初、金を産出したことを記念して作られた歴史ある神社です。

宮城県石巻置きに浮かぶ孤島「金華山」、ここは島全体が聖域、ここに鎮座している黄金山神社こそ、金運の元祖パワースポットと呼ばれてふさわしい場所なのです。
孤島に行くためには少々苦労しますが、だからこそ余計に御利益が高いような気がします。
可能なら三年参りを行い、一生お金に困る事のない状態になりたいものです。

また、支笏湖は観光地北海道の中でも有名な湖です。
多くの観光客がこの美しい湖を堪能されていますが、実はこの支笏湖、パワースポットとしても有名なのです。
透明度が高くエメラルドグリーンに輝く美しい湖、確かによい運をわけてくれそうです。

昔から、支笏湖の湖畔にたって、風が吹き湖に波が立つと金運が回ってくるといわれています。
金運がほしいという方、また北海道に遊びに行く機会がある方は、是非、支笏湖の湖畔で風を待ってみましょう

関東圏にもある金運のスポット

埼玉県秩父市、当地にある聖神社は銭神様と呼ばれています。
この神社で御祈願すると一生お金に不自由しないといわれています。

江戸時代に建築されたという聖神社の社殿は、荘厳なイメージの本殿、さらに礼拝堂があり、そのお国銅製の「ムカデ」が保管されています。
なぜムカデなのか?というと、ムカデは足がたくさんあり、そのことからお金に困らないといわれています。
聖神社はこの金運が高まるという事が知られ、全国各地から多くの方が金運を向上させるために訪れているのです。

金運スポットは東京にもあります。
日本橋にある小網神社は財運を向上させ、強運を授け厄災を除けるといわれる神社です。
テレビでも紹介されたことがあるこの小網神社は、日本橋が舞台となった映画にも登場しています。

境内には銭洗いの井があり、ここでお金を清めてお財布に入れておくことで財運が上がるといわれています。
東京の銭洗い弁天という名前で呼ばれていることもあり、今日も金運向上を願う人たちがここでお金を清めています。