オレンジリップが似合う人って?似合うタイプとおすすめメイク法

オレンジリップを付けてみたい!似合うタイプは?

女性は社会人になるとお化粧をします。
学生の時からお化粧をされている方もいると思いますが、社会に出て企業勤めとなると、お化粧はマナーとなりますので、少なくとも仕事に行くときには毎日お化粧します。

若い人はトレンドのメイクをしたいといろいろ研究されてトレンドメイクを施していますが、カラーは難しいところです。
チークやアイシャドウ、リップなど何色を利用すればいいか、トレンドのカラーを使いたいと思っても、今まで付けたことがない色だと勇気が必要です。

春になるとパステルカラーなどの明るいカラーを利用したくなりますが、やはり春に似合うカラーというとオレンジがあります。
でもこのオレンジ、なかなか難しい色で似あう人、似あわない人がいます。
では、オレンジが似合う人はどのようなタイプの方なのでしょうか。

オレンジリップが似合う人とは?

お化粧に利用するカラーは、ベースとなる肌の色から選ぶと上手に選ぶことができます。
例えば青みがかったピンク色系の肌は、クールトーン・ブルーベース、黄みが強くオーク流刑の肌はウォームトーン・イエローベースです。
ベースのカラーはこのタイプに分ける事が出来ます。

自分のベースのカラーがオレンジにあっているということなら、オレンジリップが似合います。
イエローベースは黄色系が入るのでオレンジっぽくなることもあり、オレンジリップが似合うのはオレンジベースということになります。

では自分が何ベースとなるのか?それを知る事が必要です。
ベースのカラーを理解するためには、耳を軽くつまんで引っ張って手を離したときに、耳がどんな色になるかによって判断できます。

血色がオレンジということならオレンジが似合う肌のベースカラーを持っていることになり、血色が青いようなイメージ、紫色のようなイメージになるという場合、オレンジではなく他のカラーが似合うベースということになります。
唇の色が赤紫に近い人もオレンジリップが似合わない人と考える事が出来ます。

オレンジリップが似合う人のメイク方法

オレンジリップが似合うということになればさっそく、オレンジリップを利用したメイクをしてみましょう。
まずは眉ですが、眉は髪の毛の色に合わせるということが基本です。

但し黒髪の方は真っ黒なイメージになってしまうので、眉はこげ茶くらいの色にしておく方が優しい印象になります。

リップがオレンジという印象的なカラーになるので、アイシャドウはベージュ、ブラウンなどの大人しいイメージのカラーがあっています。
黒髪の方は、アイシャドウに色を使いすぎないということがポイントです。

チークは洋服の色が明るい色ならオレンジ系のチークを、黒系などのメリハリのある色の時にはピンク系を入れるとしっくりきます。

オレンジリップはちょっと抵抗があるという方も少なくないのですが、オレンジ色が似あうという結果なら、どんどん利用すべきです。
春の暖かい日差しにオレンジリップはとても美しく、春らしい印象にしてくれます。