目元の印象がガラッと変わる!アイラインの種類・引き方とは

目元は自由に変えられる!アイライン活用術

「芸能人のようなパッチリした目になりたい」、誰もが一度は思ったことだと思います。
今では二重埋没のプチ整形なども手軽になりました。

憧れの二重にはなかなかなれないと諦めている方でも、実はメイクで印象的な目を作る事ができます。
アイラインをうまく入れる事が出来るようになると、盛りすぎにならず美しく印象的な目元に出来るのです。

アイペンシルとは違い、アイライナーのリキッドタイプは利用しにくい・・・と考える方も多いです。
でもリキッドアイライナーは様々なラインを引くことができます。

アイペンシルはぼかしたり、使いやすさが魅力で気軽に利用できる商品です。
両方をうまく活用して、印象的な目元を作る練習をしてみましょう。

リキッド・ペンシルアイライナーの特徴

リキッド、ジェル、ペンシル、パウダーなど、現代ではたくさんのアイライナーがあります。
これらアイライナーの特徴をそれぞれ理解し、しっかり利用できるようになるとアイメイクがぐんと上達します。

ペンシルは鉛筆型、繰り出し型などがありますが、いずれも引きやすく、初心者の方でもきれいに利用できます。
もしラインがガタガタになってしまっても綿棒でぼかすなどしてごまかしができるというのも魅力です。

目を強調するメイクが流行った時、みなさんリキッドタイプのライナーを上手に使っていました。
液体でインクのような風合いがあり、目元をきりっと引き締める効果を持っています。
滲みにくいということでも人気です。

ラインをしっかりぶれずに書くことができるフエルト型と、細いラインをうまく弾くことができる筆ペンタイプのもの、そのほかいろいろなものが誕生していますので、自分にあっている物を選択して利用するといいでしょう。

ジェルとパウダータイプのアイライナー

ジェルタイプのアイライナーは筆に取ってかくものと、ジェルをくりだすようにして利用するタイプがあります。
液体でもなく個体でもないというジェルタイプは滑らかなラインが欠けるという魅力があります。

ペンシルのようなぼかしもできるので、引き方、筆の使い方で様々な表情のラインを引くことができます。
肌に密着してにじまないというのもジェルの魅力です。

パウダータイプは柔らかくぼかしたようなラインが引けるので初心者の方にもおすすめです。
強いラインではなく優しいラインができるので、アイシャドウと重なるように利用すると美しいグラデーションが出来ます。

キャットラインやたれ目を楽しんで

目じりを跳ね上げるように書くと猫の目のようなラインを引くことができます。
目が垂れていてかわいい印象というタイプの方がきりっと大人っぽい感じにしたいという時、キャットラインを作るといいでしょう。

より強調したいという時には目じりの1/3くらいのところにつけまつげを付けると非常に華やかな印象になります。

可愛く優しいラインにしたいという場合、目頭から黒目の上あたりまで太めのラインをひいて、黒目の位置から目じりにかけて細く、その後、3mm位、斜め下に向かって書くようにしていくとたれ目ラインが出来ます。