毎日の仕事にも遊び心を!アレ?お財布すっからかん…。何だか上手くいかないな…。

毎日の仕事にも遊び心を!

仕事ができる人はビジネスグッズに拘りがある この人って仕事ができるなと思う人が身近にいるのなら、その人のデスクの上、引出しの中がどうなっているか、ちょっと覗かさせてもらうとためになります。

Read More

アレ?お財布すっからかん…。

いつの間にかお財布の中が寂しい 社会人ともなればお付き合いもありますし、買わなくてはならない必要なものもたくさんあります。 女性としては同じ服装で毎回出社するという事は避けたいし、美容商品だって欲しい

Read More

何だか上手くいかないな…。

自分だけじゃない 仕事がうまくいかないな、なんかこの頃すんなりいくことがない……こういう事、誰にでもあるものです。 上司に叱られたり、やっておくべきことを忘れていて自己嫌悪になったり……

Read More

picup


冬こそダイエット!日常生活で基礎代謝を上げる方法

夏は露出するファッションが多くなりますし、水着になったりする機会もあるので太らないように注意しますし、暑さで体力が奪われて痩せてしまうという事もあります[…]

picup2


彼氏ができない…。寂しさを手っ取り早く埋める方法4つ

社会人になってから、男性との接点がなく、なかなか彼が出来ない、また手ひどい振られ方をして、今は彼必要なしといっていても、やっぱり寂しさ、孤独は感じるものです[…]

picup


入浴ついでに節約!?一石二鳥の方法

若い世代に聞いてみると、お風呂でゆったりリラックスしながら読書もするし、時には飲み物や食べ物まで!お風呂に運び込んで時間を有効に?使うといいます。お風呂、食事、リラックス、美容を全部一度に[…]

Recent From the Blog

'男子が本命女子にしか送らないLineの内容

味気ない?それとも愛を感じます?

お友達の男性とラインを交換し、くだらない話をしたり、今日あったことをちょっと伝えてみたり、何気ないやり取りをするのもいいものです。
お付き合いしていない人でも、何度かこうしたやり取りをしていると、だんだん相手の事がわかってきて、こういう人なんだ、こういうところがあるんだ・・と魅力を感じたりもします。

恋愛不器用な方だと、ラインで男性が恋愛的なメッセージを伝えているのに全く気が付かない人も多いです。
でもちょっと気になっている人なのにそのメッセージに気が付かないのはもったいない、せっかくのチャンスを不意にすることもあります。

ただ男性のメッセージって好意が入っているのかいないのか、見極めるのが本当に大変です。
直接的すぎるメッセージは恋愛慣れしているようであまりいい感じは受けない、でもあやふやなメッセージはもっと困るという事で、男性のラインメッセージに隠された気持ちを読み取るポイントをお伝えします。

あなたの行動を聞いてくれる男性

誰かを好きになると、今日は何をしているんだろう?もう寝たかな、どんな服装が好きかなと、気になる事がたくさんあります。
好きな人に対しては、何でも知っておきたいと思うのもあたりまえです。

もしお友達と思っていたちょっといい感じの男性が、「今何してるの?」とか、「どういう事に興味がある?」なんてあなたの事について質問が多くなったら、これは脈ありと考えてもいい行動です。
好きな人の事を知りたい、そこからデートに誘うタイミングをみている可能性があります。

予定がつかない、じゃ、この日はどう?というライン

映画に行こうと約束していたのに、その日、どうしてもいけない、あなたも残念に思っている状態の時、「そうか、じゃ、他の日にならどう?いつが空いている?」とすぐに次回の予定を聞いてくれる人は、脈ありです。
その日以外空いてないんだよね、じゃまたの機会にという事では×、脈無だと考えられますが、ダメなことはさておき、じゃ次に空いている日を知りたいと思うのなら○でしょう。

さよならした後即ライン「今日はありがとう、おつかれさん!」が効果的です。
一緒に出掛けたり、みんなと飲み会してサヨナラしてから、即ラインが入り「今日はありがとう、楽しかった、お疲れさん、絶対にまた行こうね」なんてメッセージが入れば、脈ありです。

飲み会という目的が終わり、その後もあなたにラインしてくるという事は、飲み会という目的の後でも、あなたを気にかけているという証拠です。
ただのメッセージ、ありきたりのメッセージであっても、そこに、男心が隠されていることが多いので、こういうちょっとした気遣いに、気がついてあげてほしいです。

Read More...

一人暮らし女子必見!月の家賃…どこまで出すのが正解?

やっぱりいいところに暮らしたい?

学生の頃から暮らしている賃貸アパート、そろそろ利便性のいいところに引越したいと思う方もいるでしょうし、今暮らしているところがあまり治安のいい場所じゃないと感じれば、引越を考える人もいるでしょう。
引越貧乏という言葉がありますが、すぐに新しい生活を求める人は引越貧乏になりかねません。
先ず本当に引越をする必要があるのかどうか、考えることが必要です。

また、家賃の相場という事を理解されているでしょうか。
地域ごとに一人暮らしなら、このくらいの家賃、家族で暮らすのならこの位の家賃と相場があります。
家賃は収入と密接な関係がある、というか、収入を考慮して家賃を考える必要があるという事を考えておくべきです。

収入と家賃の関係

ある調査を見てみると収入に応じて家賃が高い部屋に暮らしたいと思うかという調べで、女性の3割が住みたいと考え、5割近くが住みたくないと考えてる結果が出ています。
収入が高くなっても今暮らしているところに不便を感じないから、その分貯蓄に回したいと考える女性と、主乳が上がったのだからその分いい暮らしをしたいと考える女性がいるのです。

収入と家賃の関係を深く理解しておく必要があります。
一般的に、収入の1/3程度の家賃で納めておくと生活に支障が出てくることは少ないといわれています。
これは引越を考える方の家賃の決め手、ポイントになる事で、これ以上になると生活に大きく支障をきたす可能性があると考えなければならないのです。

身分相応の暮らし、それ以上の暮らし

収入が上がっても身分相応の暮らしができていればそれでいいと堅実な回答をする女性が多いという事に少々安心感です。
中には月収の半分くらいを家賃に費やしているという女性もいると聞いていたので、今の子は身分相応の暮らしよりも、見栄でむだな家賃を払っている可能性もあると考えていました。

バブルの頃には一人暮らしの女性が高級マンションに暮らすという事もありました。
でも今はいつ収入が減る、若しくはリストラ対象となり転職先を探さなければならないかもしれないという世の中です。
堅実に暮らすという事がとても重要な事だと感じている女性が多いという事は、暮らしという事を真剣に考えている女性が多いという事、これは女子力としても必要な考え方です。

賃貸に暮らすという事は、その賃貸が自分のものになる事はない暮らしです。
身分相応、生活に困らない暮らしが出来ているのなら、無理をして捨てるお金を増やさなくてもいいのでは?と感じます。

Read More...

実はみんな経験済み?転職旅行とは!?

1ヶ月何する?

就職して以来、まとまった休みはお正月、夏位でゆっくり時間を気にせず旅行に行くなどしたことがないという人も多いです。
何かの節目に旅行に行く事が多いのですが、現在転職のタイミングで、次の仕事に就く前に、転職旅行に行く方が多いという事をご存知でしょうか。

前企業を退職してから次の転職先が決まっているという人でも、就業まで1ヶ月くらい空くことが多いです。
社会人になってから1ヶ月、仕事がない期間があるというのは考えてみると貴重です。
今までできなかったこと、またこれからの事をじっくり考えるためにも、旅行に行って気持ちを新たにするのもいいでしょう。
卒業旅行と同じように、これから先生活が大きく変わっていく前に、転職旅行でリフレッシュ、というのも素敵な事です。

実は実行している人が多い転職旅行者数

転職旅行を経験されている方の中には、「いったいった、あんなに長い休みなんてそうそうないもの」という人が多いでしょう。
実は転職の際に旅行を経験したという方についてデータをとってみると、実に転職を経験されている方の1/3もの方が転職旅行をされているのです。

みなさん転職旅行のどんなことにメリットがあると考えているかというと、まず、夏休みやお盆休みなど、世間の方々が休みの際に行く旅行とは違い、平日出発という事も可能なので、込み合う事がないという点、さらに退職して少々懐が温かくなっているという点、さらに、日程がかなり長くとれるので、計画性を持たずに旅行しても余裕があるという点などが挙げられます。
この他にも、旅行が終わったらこんな仕事が待っていると考える事もなく、同僚や上司にお土産を用意する費用も必要ない、友人に会いに行くのもよし、全く知らない土地を放浪するのもよし、実にストレスのない旅行になるというのです。

心をリフレッシュするいい機会です

確かに企業に属していない期間なので、旅行が終わるとあの仕事が待っているとか、またあの嫌な上司の顔を見るのね……なんて思う必要もなく、何のしがらみもない旅行です。
学生時代に行く旅行とは違い、社会人としてある程度の経験を積んでからの旅行は、また違う気持ちで楽しめるでしょうし、何よりストレス解消になる、心の選択になるのではないでしょうか。
人生の中で、こんなにも自由になれる期間は確かに少ない!転職される方は、一度肩の力を抜いて、転職旅行を計画するのもいいかもしれません。

Read More...