毎日の仕事にも遊び心を!アレ?お財布すっからかん…。何だか上手くいかないな…。

毎日の仕事にも遊び心を!

仕事ができる人はビジネスグッズに拘りがある この人って仕事ができるなと思う人が身近にいるのなら、その人のデスクの上、引出しの中がどうなっているか、ちょっと覗かさせてもらうとためになります。

Read More

アレ?お財布すっからかん…。

いつの間にかお財布の中が寂しい 社会人ともなればお付き合いもありますし、買わなくてはならない必要なものもたくさんあります。 女性としては同じ服装で毎回出社するという事は避けたいし、美容商品だって欲しい

Read More

何だか上手くいかないな…。

自分だけじゃない 仕事がうまくいかないな、なんかこの頃すんなりいくことがない……こういう事、誰にでもあるものです。 上司に叱られたり、やっておくべきことを忘れていて自己嫌悪になったり……

Read More

picup


冬こそダイエット!日常生活で基礎代謝を上げる方法

夏は露出するファッションが多くなりますし、水着になったりする機会もあるので太らないように注意しますし、暑さで体力が奪われて痩せてしまうという事もあります[…]

picup2


彼氏ができない…。寂しさを手っ取り早く埋める方法4つ

社会人になってから、男性との接点がなく、なかなか彼が出来ない、また手ひどい振られ方をして、今は彼必要なしといっていても、やっぱり寂しさ、孤独は感じるものです[…]

picup


入浴ついでに節約!?一石二鳥の方法

若い世代に聞いてみると、お風呂でゆったりリラックスしながら読書もするし、時には飲み物や食べ物まで!お風呂に運び込んで時間を有効に?使うといいます。お風呂、食事、リラックス、美容を全部一度に[…]

Recent From the Blog

'お金のかかる結婚式ってホントに必要?

大きなホテルのホールを借りたり、親戚や友人を招待したり、
結婚式を開催するのはお金がかかります。開催場所や規模、
招待客の人数などで費用は異なりますが、ごく一般的な結婚式であれば、
少なくとも100万円以上のお金が必要となるのは確実です。

そのため現在は、
「おめでたい式典とはいえ、これだけ費用をかけるのはどうなのか」
考える人も多く、結婚式そのものの必要性について、意見が分かれています。

安くても結婚式を開催したい

極端に言えば、市役所に書類を提出するだけでも結婚できるので、
お金を節約して生活面を充実させたいと考えるのであれば、
こちらを選ぶのが賢明です。また、時代のニーズに合わせて、
小規模で安く結婚式を開催できる「格安結婚式」などの
サービスも少なくないため、何もしないことに味気無さを
感じる人であれば、こちらを選択してもいいでしょう。

サービスの内容は企業によって異なりますが、親族や
友人のようなごく身近な人だけを招待して、結婚式を
開催することができます。

形だけでも思い出に残したい

何かしらの記念を残したいという人であれば、夫婦で結婚指輪を
購入するのもよい方法です。昨今は、好きなデザインや宝石などを選べ
オーダーメイドのリングを作れる結婚指輪の専門店も多く、結婚の思い出として、
世界に一つだけのリングを注文することができます。

また、夫婦の晴れ姿を残したいという人であれば、結婚写真のみを
撮影できる「フォトウェディング」のサービスを利用するのも手でしょう。
こちらは挙式や披露宴が無いかわりに、教会や洋館などの場所を借り切って、
結婚写真の撮影会を行うことができます。

上記のように、お金を節約しながらも、結婚というイベントを
素敵な思い出に変える手段は少なくないのです。どれを選択するにしても、
夫婦で相談して、双方が納得したものを選びましょう。

Read More...

将来マイホーム持ちたい?持ちたくない?

そもそもマイホームは必要?

20代だとまだ実家に暮らしている方や一人暮らしをしている方も多いと思います。
皆さんは将来マイホームを持ちたいと考えたことはありますか?

マイホームとは「私の家」という略通り、賃貸ではなく家を購入することを指します。
わざわざマイホームを持つのは家計的にもったいないと考える人もいる一方、
家族で暮らしやすい家を持ちたいと考える人も相変わらず多いです。

マイホームはどう選ぶ?

マイホームを持つことが決まったなら、具体的にどんな家が欲しいかを話し合いましょう。
マンションか一戸建てかという家の種類、
中古か新築を考えるだけでも大分絞られていきます。

ここで決めたマイホームの種類ごとに、その後の探し方が変わっていきます。

・新築マンション/中古マンション、中古戸建の場合は基本的に物件情報から探していきます。
エリアや条件を明確化し、業者とともに探すのがスムーズです。
価格は住む地域によって変わりますが、東京にもアクセスがよく、家賃の安い横浜周辺の、東急東横線沿いのマンションの人気が高くなっています。

一方、新築戸建ての場合には、注文住宅という選択肢もあります。
建てたい家を注文するのです。
これがマイホームのタイプの中では一番高いものになります。

どれだけこだわった発注をするかによって費用が変動しますが、
目安として発注内容を制限し費用を抑える「ローコスト住宅」だと、
業界大手の埼玉のローコスト住宅 モクハウスの場合、990万円~という費用感で案内がされています。

いかがでしたでしょうか?
特に20代前半だとマイホームを持つイメージがつかない方も多いかもしれません。
まずはどんな生活が理想かを少しずつ考え、しかるべきタイミングでそれに合った環境を整えることにしましょう。

Read More...

一人暮らし女子必見!食費の目安と節約自炊術

一人暮らしですから!自炊でしっかり節約しよう

初めての一人暮らし、最初のうちはなかなかお金をうまく利用する事が出来ず、月末になりお金がない!!という思いをしたことがあるという人も少なくありません。
最初は誰でもうまくできないものですが、一人暮らしに慣れてくると次第に、お金の使い方を理解できるようになっていきます。

節約を考えるとやはり外食ではなく、自炊する事が大切な要素となります。
外食はどうしてもお金がかかるのでうまく自炊できるようになると、安い食材を利用して毎日の食費をうまく節約できるようになります。

一般的に一人暮らしで利用する1ヵ月の費用は男性で40000円から45000円くらい、女性で35000円くらいといわれています。
男性の方が多い理由としては、お付き合いで飲みに行ったり、外食するという事が多くなるからといわれています。

食費を抑えるにはやはり自炊、でもなかなかうまくいかないという方も多いと思います。
でも冷凍しておく、電子レンジを利用する、作り置きなど上手くなっていくとどんどん節約する事ができます。

ご飯を炊いたらまず冷凍

ご飯を炊いたら炊き立ての状態で余熱をとって、ラップに1食分ずつくるんで冷凍します。
これを電子レンジでチンすると炊き立てご飯と同じようにおいしくいただけます。

冷凍したままのご飯のラップをはがして、お鍋に水をはりそこに冷凍ご飯をいれて火を入れます。
ご飯が柔らかくなったら卵などを入れて卵がゆができます。

冷凍のご飯があると解凍してチャーハンにも利用できますし、いつでもご飯を食べることができるのでこれも節約になります。
炊き立てを保温することなく炊き立て状態で冷やして冷凍すれば匂いも出ません。

安い食材、どんなふうに選べばいい?

安い食材はよくスーパーに夜行くと安くなっているといいますが、夜にならなくても常に安い食材を覚えておくといいと思います。
例えば鶏肉なら胸肉がありますし、豚肉ならバラ肉が安いです。

胸肉はばさばさになるという印象がありますが、塩、こしょう、鶏がらスープ、ハーブなどをすりこんで、それをラップで包み半日置きます。
ラップで包んだものを熱に強いビニールパックなどに入れます。

その後、炊飯器に入れてお水をひたひたになるくらいいれて、3時間程度蒸します。
余熱が取れてからそれを割いてパンにはさんでマヨネーズをかけたり、チーズを乗せて焼くととてもおいしくいただけますし、ラーメンの上、うどんの上、またサラダに乗せてもおいしく食べられます。

おからはハンバーグの種に入れるときに利用するとかさましになります。
おからに卵を混ぜてしょうゆ、塩コショウ、砂糖を少し、これにおかずで残ったもの、たとえば肉じゃがなどを細かくして混ぜて、油で揚げるとおいしい揚げおから団子ができます。

残り物も工夫して利用すれば節約につながります。
インターネットには様々な節約料理や残り物料理の作り方などが掲載されていますので参考にするといいでしょう。

忙しい働く女子にはさくっと作れるミールキットが便利

残業が続いて作り置きが無くなりがち、料理が苦手だけど具だくさんな美味しい料理が食べたいという人には
ミールキットもおすすめです。カットされた具材と調味料がセットになっているので、炒める・煮るという作業だけでつくることができるので働く女性にぴったりです。
その上、お手軽だけど美味しいということで献立の一品追加にも主婦層に人気のお墨付き商品のようです。お家に届く宅配形式であることも嬉しいですね。
ミールキット| らでぃっしゅぼーや 有機・低農薬野菜、無添加食材などの宅配

Read More...