毎日の仕事にも遊び心を!アレ?お財布すっからかん…。何だか上手くいかないな…。

毎日の仕事にも遊び心を!

仕事ができる人はビジネスグッズに拘りがある この人って仕事ができるなと思う人が身近にいるのなら、その人のデスクの上、引出しの中がどうなっているか、ちょっと覗かさせてもらうとためになります。

Read More

アレ?お財布すっからかん…。

いつの間にかお財布の中が寂しい 社会人ともなればお付き合いもありますし、買わなくてはならない必要なものもたくさんあります。 女性としては同じ服装で毎回出社するという事は避けたいし、美容商品だって欲しい

Read More

何だか上手くいかないな…。

自分だけじゃない 仕事がうまくいかないな、なんかこの頃すんなりいくことがない……こういう事、誰にでもあるものです。 上司に叱られたり、やっておくべきことを忘れていて自己嫌悪になったり……

Read More

picup


冬こそダイエット!日常生活で基礎代謝を上げる方法

夏は露出するファッションが多くなりますし、水着になったりする機会もあるので太らないように注意しますし、暑さで体力が奪われて痩せてしまうという事もあります[…]

picup2


彼氏ができない…。寂しさを手っ取り早く埋める方法4つ

社会人になってから、男性との接点がなく、なかなか彼が出来ない、また手ひどい振られ方をして、今は彼必要なしといっていても、やっぱり寂しさ、孤独は感じるものです[…]

picup


入浴ついでに節約!?一石二鳥の方法

若い世代に聞いてみると、お風呂でゆったりリラックスしながら読書もするし、時には飲み物や食べ物まで!お風呂に運び込んで時間を有効に?使うといいます。お風呂、食事、リラックス、美容を全部一度に[…]

Recent From the Blog

'長持ちさせたい!ジェルネイルをしたあとに注意すること

お気に入りジュエルネイルを長く持たせたい

ネイルといえばこれまで水仕事に弱いし、すぐにはがれてしまうし、その度に塗り直し・・・とても面倒でした。
ジェルネイルが登場して以前よりもかなり強くなり、また長持ちするようになりました。

お気に入りジェルネイルはより長く持たせたい・・・そのために何が必要なのか、ジェルネイルを長持ちさせるために必要なことを考えてみました。

ジェルネイルを塗って1週間したら・・・

ジェルネイルを塗ってしばらくするとだんだん色つやが悪くなってきたような気がします。
傷などが無くても何となくきれいに見えないな・・・というときもあるので、そんな時にはトップコートを塗ると艶がよみがえります。

トップコートを塗ることで地爪を保護してくれる作用もあるので利用してみましょう。
このトップコートを塗るという作業は3日から4日に1回行うようにすると、ジェルネイルが長持ちします。

トップコートはジェルネイル用がない場合、通常の物でも構いません。
分厚く塗るとジェルネイルの上に気泡ができる事もあるので、薄く塗るのがコツです。

爪のためにも保湿が重要

爪のためまた指のためにも、ネイルオイルを指先につけて丁寧にマッサージします。
マッサージすることで血行が良くなって爪の健康を維持できます。
このマッサージはジェルネイルを長く持たせるための要因となります。

ネイルオイルでなくてもオリーブオイルでもいいですし、市販されているマッサージオイルでも構いません。
夜寝る前に保湿力の高いオイルを利用してマッサージすると、より効果的です。

ハンドクリームを塗ってからオイルを塗り込むと保湿力がさらに高くなるので、皮膚のためにも寝る前にマッサージする癖をつけておくといいと思います。

ゴム手袋をつけることも大切なこと

家庭をお持ちの方は特に食事の支度や片付けをするときなど、水仕事をすることが多くなります。
お仕事で水仕事が必要という方もいると思いますが、水仕事をするときには必ずゴム手袋をします。

地爪が水分を含んでしまうと、ジェルネイルが浮きやすくなってしまいます。
特に爪が弱い方、二枚爪になりやすい方、爪が薄いという方はジェルネイルが浮いてきて、はがさなくてはならない状態になる事もあります。

水分を含むと爪が弱い状態になり外れやすくなるので、しっかりゴム手袋をつけて水仕事をすることが大切です。
面倒でなければ使い捨てのビニール手袋をしてから綿の手袋、さらにゴム手袋と重ねて利用するとより効果的です。

この時ハンドクリームやオイルでマッサージしてから手袋の重ね付けをすれば、爪の保護、手荒れの保護にもつながります。

このほか、水以外にもジェルネイルを施している部分をお湯に長くつけないという事もジェルネイルを長く持たせるコツとなります。

Read More...

知られざる玄米の美容効果!カラダがよろこぶ栄養成分とは

玄米は健康にも美容にも最高の食べ物

白米、炊き立てご飯、非常においしくなんにでもあいますし、やはり日本人の食べ物といえば、白いご飯です。
でも今、若い世代にも玄米が注目されています。

昔は白いお米を食べるということがめったになく、戦時中などは玄米すら食べる事が出来ず、ひえあわなどを食べている事もありました。
しかし戦後、食生活が各段によくなり、どの家庭でも白米を食べるようになりました。
その中で現代、なぜ玄米が注目されているのでしょうか。

まず玄米とはどういうものなのか、それを理解しなければなりません。
玄米というのは精白されていない白米の事で、白米と比較すると茶色く、穀物独特の臭みがあるので、食べにくい、硬い、おいしくないと感じる方も多いです。

でもこの玄米、食物繊維にビタミン、ミネラルなども豊富です。
健康や美容にもいいということで国内はもちろんのこと、海外でも注目されているのです。

最近はマクロビ(穀物、野菜、海藻などの日本で利用してきた材料、伝統食をベースにした食事をとり自然を調和しながら健康的な暮らしをすること)とし絵も、高い効果があると考えられています。

白米と比較し栄養価が秀でている玄米

戦時下「銀シャリが食いたいな」と多くの日本人が考えたといいます。
白米のご飯を食べることができていたのは、お米の名産地くらいだったのではないでしょうか。
白米、銀シャリは昔、高価な食品としてこの名で呼ばれていたのです。

甘くおいしい、おかずのうまさを引き出し、おにぎりにして冷えたものでもおいしい、白米は確かに銀シャリと呼ばれることがわかるおいしいものです。
しかし玄米と比較すると、栄養価という面で劣ります。

籾殻をとり玄米にして糠、胚を取り除き白米になります。
糠、胚には食物繊維やビタミン類、カリウム、それにタンパク質など非常にたくさんの栄養素が含まれています。

精米することで白米という美しくおいしい食材になりますが、栄養価が減少してしまうというデメリットがあるのです。
玄米は糠、胚ともに残っていますので、白米と比較すると栄養素の宝庫です。
白米を玄米に替えるだけで、バランスのいい食事に近づけることができます。

玄米の栄養価は健康にも美肌にも

玄米に含まれている栄養素には健康効果もありますし、美肌効果もあります。
むくみの解消や老化防止、美白など様々な効果が期待できるのです。

ビタミンB1は糖質や脂肪の代謝を促すことができます。
ビタミンEは抗酸化作用、老化防止、カリウムは余分な塩分を排出し利尿作用をもたらすという効果があるので、むくみを解消してくれます。
むくまない体にすることでしわ予防にもなります。

タンパク質や細胞生成に必要ですし、食物繊維は便秘解消効果があります。
便秘が解消されると老廃物がしっかり体外に排出されるので、お肌が内側から美しくなります。

こうした様々な美肌効果を持っている玄米はすべて玄米にすると食べにくいという方もいますので、少しずつ利用する、また食べやすく加工してある玄米などを利用されるといいでしょう。

Read More...

テキトーに塗ってない?ハンドクリームには正しい塗り方があった!

ただ塗ればいい?ハンドクリームを効果的に利用する方法

毎日お料理を作ったりお掃除をしたり、働く主婦は手がすぐに荒れてしまい、悩みをお持ちの方も多いと思います。
お皿を洗うとき、お湯の方が汚れ落ちもいいので、お湯で洗う方が多いのですが、途端に手がカサカサになり荒れてしまいます。

そんなとき強い味方になってくれるのがハンドクリームです。
あれた手の肌を保湿ししっとり仕上げてくれるので、ハンドクリームは特に乾燥する季節など、手放せないという方が多いでしょう。

しかしそのハンドクリームをたださっと塗るよりもよりハンドクリームの効果を向上させる塗り方があります。
その方法を理解すると、今よりもっともっと美しい手になること間違いなしです。

ハンドクリームを塗る前に?することがあるの?

ハンドクリームを塗る前、必ずしてほしい事、まず新しいハンドクリームの場合、説明書に書かれている成分表などをよく確認し、トラブルが起きやすい人などは今までアレルギー的な症状を起こしたことがある成分が配合されている場合、利用しないようにします。

わからない場合は、ほんの少しの量を手に塗ってみてパッチテストを行ってください。
最近はハンドクリームに薬用成分が含まれている物も多いので弱い方は荒れてしまう方も少なくありません。

ハンドクリームを塗る前にすること、次は手を温めるという事です。
手が冷たい状態だとハンドクリームがよく伸びませんので、手を握ったり開いたりするなど、血行をいい状態にします。

次に、時間があるようなら温めた手に化粧水などをつけるとより効果的です。
手を洗い、手を温めてから。化粧水やハンドクリームを順に塗ります。

ハンドクリームを手で温めてから塗る

ハンドクリームを手のひらでこすって温めるようにしてから利用します。
ハンドクリームの量は3㎝程度、手の甲から伸ばし片方の手から念入りに塗り込みます。
手の甲から指先、しっかりなじんで来たら指の間などにもなじませていきます。

特にしっかり塗り込んでほしいのが爪と爪の際です。
爪の際はささくれなどになりやすいので、しっかり塗り込みます。

ハンドクリームを利用してからの水仕事

お湯で食器洗いなどを行うと、乾いてからカサカサになっている事に気が付きます。
でもハンドクリーム塗ってから、綿の手袋を、その上にゴム手袋をして「お湯で食器洗い」を行うことによってハンドクリームの成分が手の中にしっかりしみこみ、美しい手にしてくれます。

手荒れはお湯によってひどくなるといわれますが、洗剤の成分も肌にとってよくない成分です。
洗剤が直接手につかないように、ビニール手袋をしっかりつけて食器洗い、お掃除などをすることをお勧めします。

Read More...